戏仿的日语翻译研究:以“鲁心选集”的作品为中心

论文价格:150元/篇 论文用途:硕士毕业论文 Master Thesis 编辑:硕博论文网 点击次数:
论文字数:25662 论文编号:sb2022071010534348995 日期:2022-07-29 来源:硕博论文网

本文是一篇日本留学论文,笔者认为中文中的恶搞作为一种戏法,在文学作品中起到修辞效果的作用。因此,模仿技术在被转移到日语的情况下,以怎样的形式在译本中再现是值得探讨的。

第一章序論
1.1研究動機と目的
レトリックは日常生活の中であれ、文学作品の中であれ、よく使われている。例えば、比喩や擬人などの修辞は言語の持ち味を生かし、その表現力を向上させる機能がある。しかしながら、ある修辞技法はよく見られるが、見分けがつかない。例えば、「犬猿の仲」というのは日本民衆によく知られている熟語であり、交通会社はタバコを吸わないように提示するために、「犬猿の仲」によって「嫌煙の仲」というスローガンを作り出した。「嫌煙」と「犬猿」の発音は同様「ケンエン」で、乗客は「嫌煙の仲」を一見すると、「犬猿の仲」のイメージがすぐ頭に浮かぶ。で、このような既存言語に倣い、臨時的な言語が作成された技法を「パロディー(parody)」と呼ばれる。Roland SCHNEIDER(1987)は「パロディーは形を残して真似するが、内容が変わって、既存の言語との違いの滑稽や風刺が生まれてくる、という特性を備える」[1]と指摘した。このような特性こそ、言語の修辞的な効果をあげて文学作品の表現力を向上させるのであると思われる。
本稿はパロディーは中国語原典から日本語テキストに翻訳される場合に、この修辞表現がどのように処理されるかを実例に基づいて分析した後、訳本に完全に再現したか、或いはしなかったというのに焦点を当て、パロディーの翻訳の可能性と不可能性についてそれぞれ考察してみようとする。本研究を通し、ひいては文学作品におけるパロディーの翻訳作業に示唆を与えたいと期待している。
............................
1.2先行研究のレビュー
1.2.1パロディーの定義
パロディーは英語で「parody」と記載される。その語源は古ギリシャに由来し、最初、アリストテレス時代に提案され、有名な詩歌を模倣することによって自分なりのスタイル詩歌が創造されることを指す。「parody」の語根は「par-(beside or subsidiary)」と「ody(song,as in ode)」からなって、「風刺の歌」の意を表す。学者たちの研究分野の広がりに伴い、パロディーに関する研究が深く入り込んできた。例えば、編集者のOwen Watson(1976)は「an imitationof the characteristic style of a writer,composer etc,or literary,artistic,musical work,designed to ridicule(嘲笑するために、作家、作曲家、または文学、芸術や音楽作品などの独特なスタイルへ模倣すること)」[2]と定義した。J.A.Cuddon(1986)は「the imitative use of the words,style,attitude,tone and ideas of an author in such away as to make ridiculous(嘲笑するために、作者の言葉、スタイル、スタンス、口調や考えなどを模倣すること)」[3]と解釈された。
一方、日本側で『スーパー大辞林3.0』(2014)の解説によって「既成の著名な作品また他人の文体・韻律などの特色を一見してわかるように残したまま、全く違った内容を表現して、風刺・滑稽を感じさせるように作り変えた文学作品」と解かれた。
中国の修辞学史の流れにおいて、この技法を初論述した学者の陳望道(2008)は「为了讽刺嘲弄而故意仿拟特种既成形式的,名叫仿拟格(諷刺や嘲弄のため、特種の既成形式をわざと真似する技法を倣擬<fangni>と呼ばれる)」[4]という定義を打ち出した。また、パロディーを「シンタックスレベル」と「語調レベル」二つの種類に分けた。罗胜杰(2010)は陳望道の論述は足りないところがあると考えられ、即ち「陳はパロディーによってパロディーを定義した。また、パロディーの機能は風刺以外、ユーモアやコントラストなど機能もある」[5]。
.................................
第二章魯迅作品におけるパロディーの言語表現
2.1語彙レベルのパロディ一
即使依或人所说,牡丹是中国的“国花”,那么,这就可以算是中国的“国骂”了。

日本留学论文怎么写
日本留学论文怎么写

パロディーの本体は「国花」である。魯迅がこの「国花」を捩って「花」を「骂」に引き換え、「国骂」という新しい言葉を作り出した。「国花」という言葉は『現代漢語大辞典』に収録されたが、「国骂」という言葉づかいは検索できず、臨時的な新しい言語表現と見なす。というわけで、パロディーの判定基準に適う。周知のように、「国花」は「その国で広く愛され、国家の象徴となっている花」と解釈し、清王朝の時代、中国は牡丹を国花としたことがある。また、同時期にバリ語の「他妈的」を代表とした「国骂」という言語現象が蔓延っていた。パロディーは既存言語の一つの語素のみを変更しただけで、近代において中国人の社会持病を披露し、さらに風刺効果が上げられる。
..........................
2.2センテンスレベルのパロディー
所以被压制时,信奉着“各人自扫门前雪,莫管他家瓦上霜”的格言的人物,一旦得势,足以凌人的时候,他的行为就截然不同,变为“各人不扫门前雪,却管他家瓦上霜”了。(《南腔北调集·谚语》卷五p542)
パロディーの本体は「各人自扫门前雪,莫管他家瓦上霜」という中国の警句で、まず自分の頭の上の蠅を追え、他人の余計なお節介をしないように提示する。魯迅は古い警句を充分に利用し、その文型の形を維持させ、ただ二つの文字を引き換えただけで、「各人不扫门前雪,却管他家瓦上霜」と書き記した。「各人自扫门前雪,莫管他家瓦上霜」のような人物は挫折や損失を受けると、心を慎んでいる態度で、自分のことばかりに気を配る。しかしながら、このような人物はいったん「支配者」になると、「各人不扫门前雪,却管他家瓦上霜」の言語表現で、国家や権威を僭越し、他人の事務に干渉することを表し、このような人物は異なる境遇にあって、そのイメージが著しく際立って見える。
『七歩絶句』は曹兄弟の権力争い物語として描かれた詩歌である。魯迅は古いストーリに拘らず、固定的な枠組の中で新しい意味を注入した。このパロディーの詩歌は楊蔭楡が多くの進歩的な学生の軽罪を迫害することを披露し、思想進歩の学生たちの正義を実現させることを目的とする。そのために、魯迅は原典の内容に限らず、非常に柔軟な方法でそれをもじった。その中で、「豆萁」というのは進歩的な学生を指す。「我烬你熟了,正好办教席」ということは楊蔭楡が西安飯店の一部の反動派教員を陰で招待し、これらの学生を弾圧するのをたくらむということである。
.............................

第三章パロディーの和訳分析.............................12
3.1語彙レベルのパロディーの和訳......................................12
3.2センテンスレベルのパロディーの和訳.............................14
第四章パロディーの翻訳の可能性と不可能性についての考察........................18
4.1パロディーの翻訳の可能性についての考察..............................18
4.2パロディーの翻訳の不可能性についての考察......................22
第五章結論と今後の課題..............................34
5.1結論..................................................34
5.2今後の課題...........................................35
第四章パロディーの翻訳の可能性と不可能性についての考察
4.1パロディーの翻訳の可能性についての考察
本節はデータ情報をより直感に反映するために、まず表3-1の統計から再現するパロディーのデータを抽出し、その引き出しを表4-1のように作成する。

日本留学论文参考
日本留学论文参考

表4-1のように、訳本にパロディー効果を再現した実例は「語彙レベル」に集中する傾向がはっきり見られる。パロディー修辞的な効果の再現はパロディーの和訳に可能性を与え、続いてこの場合にパロディーがどのように翻訳されるかを実例に基づいて考察し、パロディーの和訳方法をまとめる上に、翻訳の可能性の原因を追究してみる。では、「語彙レベル」の実例を具体的に挙げる。
..............................
第五章結論と今後の課題
5.1結論
中国語おけるパロディーはレトリックとして文学作品に修辞的な効果の役割を果たす。それゆえに、パロディーという技法は日本語に移される場合に、どのような形で訳本に再現されるのは検討に値する。本稿は研究対象を『魯迅選集』における一部分の作品に選定した。「語彙レベル」、「センテンスレベル」、「テキストレベル」のパロディーの和訳を分析した後、その翻訳可能性と不可能性についての研究を通し、次のような結論を導くことができた。
第一、魯迅作品におけるパロディーは本体への常識を外れ、特定の文脈において臨時的な造語あるいは新しい表現方式を創造することにより、修辞効果を強化する。翻訳上で、パロディーを再現するのはユーモアや風刺の効果をTL読者に伝えられる。しかしながら、中国語原典で用いられたパロディーが、日本語に翻訳されると、その修辞効果を完全に再現するというわけではない。本稿の収集した実例に対する分析と統計によって、完全に再現した確率は32パーセントを占め、再現しなかった確率は68パーセントに達する。
第二、パロディーの修辞的な効果を再現するのは翻訳に可能性を提供する。異なる言語を持つ人々は言語認識の同一性(Identity)によって両言語の転換が可能となる。本体に対する認識同一性が不可欠条件となる。中日の本体は形式や意味上で対応すれば、パロディーの倣体は本体と同様にTTに移すことができる。TL読者が倣体を一見すると、本体への共感を呼んだ、ひいてはパロディー修辞的な効果をあげる。この場合に、語彙レベルのパロディーは「移植」の形で最も維持される。また中日の言語や文化の不対等で、たとえ本体の形式や意味上で対応しても、パロディーの中国側ならではの意味はTL読者に全く伝えられないのである。言語や文化の差別を補足するために、注釈をつけるのが必要になる。
参考文献(略)


上一篇:阐释学视域下的习近平用典日译探讨
下一篇:没有了
如果您有论文相关需求,可以通过下面的方式联系我们
点击联系客服
QQ 1429724474 电话 18964107217