《生活在人口减少的社会》模拟同声传译实践报告--以顺句驱动为中心

论文价格:300元/篇 论文用途:硕士毕业论文 Master Thesis 编辑:硕博论文网 点击次数:
论文字数:35666 论文编号:sb2022050518542046892 日期:2022-06-03 来源:硕博论文网

本文是一篇日本留学生论文,本报告以“生活在人口减少的社会”为讲座材料,进行了模拟同声传译。在顺送译的原则下,将分段、增补、词性转换的策略以及合理省略的应用结合具体的译例进行了分析。

第 1 章  序論
1.1  研究背景
初級通訳者にとっては、ある程度の言語能力がある場合には、ある程度の基礎的な通訳方策を把握することが効果的である。同時通訳では、順送り訳と合理的な省略がよく使われる。順送り訳とはできるだけ原文の語順を変えず、フォローアップのスピードを上げ、情報の欠落を減らし、最も経済的な方法で同時通訳を完成させるということである。また、同時通訳の効果を保証するために、原文に核心的な情報ではない部分を場合によって省略する時もある。つまり、合理的な省略が必要となる。合理的な省略とは、原文に存在する冗長な情報や重要ではない情報である口癖や接続詞などを合理的に省略することであり、時間を節約し、同時通訳をよりよく完成させることができる。
今回、筆者は『人口減少社会を生きる』という講座を材料として、模擬同時通訳を行った。内容の有効情報量が多くなり、情報処理時間が長いことによる誤訳と訳漏れ問題が生じた。その一方、中日言語表現の習慣が違うことによる誤訳の問題に直面しなければならない。この二つの問題を解決するために、一回目の模擬同時通訳の後で、順送り訳の指導や合理的省略原則の下でいくつかの方策を使って、また二回目の模擬同時通訳を実施することによって、これらの問題の解決を求めようとする。
本報告書は六つの部分からなっている。第一章の序論で研究背景や先行研究の内容が含まれている。第二章の実践背景の説明で講座の内容及び言葉遣いの特徴について紹介する。第三章では、通訳する前の準備、模擬同時通訳の実施、通訳後の評価(自己評価及び他人評価)という三つの面から通訳のプロセスを紹介する。第四章は模擬同時通訳の問題点である。第五章では模擬同時通訳の問題点を解決するための解決策を検討していく。第六章は結論の部分である。
1.2  先行研究
順送り訳とは、同時通訳の過程で、通訳者が聞いた源言語の文の語順に従って、文章全体を意味群あるいは情報単位に切り分け、接続詞を使ってこれらの単位を自然に連結し、全体の意味を通訳することである。
Gile(2009)は同時通訳における精力配置モデル (effor models、あるいは「マルチタスク・モデル」または「認知負荷モデル」と呼ばれる)を提案した。同時通訳の過程に対する観察と研究を通じて、同時通訳において主に同時に行われる具体的な任務は三種類があり、すなわち聴力の分析、目的語の訳出と短期記憶である。そのため、同時通訳者の記憶負担が重い。認知科学では、人間の脳の情報処理能力には限界があり、多くのタスクを同時に適切に処理することは難しい。張楊(2015)は同時通訳者が通訳の過程で精力配置のバランスを取れなかったり、或いはタスクの負荷が精力の上限を超えたりした場合には、同時通訳の質は必ず影響される。同時通訳が順調に進行するのを保証するために、合理的な精力配置方案が必要となる。
順送り訳の対策研究については、仲偉合(2008)は「順送り訳は 12 種類のテクニックを使うことができる。つまり、区切り、待機、反復、予測、解釈、予期、簡約、増補、変換、逆説、帰着、要約などである。しかし、通訳の不確実性と通訳者の思考のコントロール不能と相違性があるため、同じ文を通訳する際に異なる対策やテクニックを使うこともあり得る」(筆者訳)と述べた。

日本留学生论文参考
日本留学生论文参考

............................
第2章  実践背景の説明
2.1  実践材料の内容
この講座は、「守るべきものー日本の地域社会」と「変えるべきものー選択と集中から多様性の共生へ」の二つの部分に分けられる。主に人口減少と少子化をテーマにしている。まず、「守るべきものー日本の地域社会」の部分は世界人口と日本人口の予測値に関するデータを分析した。そして、少子化・人口減少に関する近年の出来事を詳しく説明した。この部分の最後、少子化に関する三つの結論をまとめた。「変えるべきものー選択と集中から多様性の共生へ」の部分は、限界集落、国土の均衡ある発展から地域間競争へ、選択と集中及び問題点などの角度から少子化・人口減少を検討した。
ご存知のように、少子化・人口減少は先進国では一般的な問題である。また、現在日本が直面している深刻な社会問題でもある。 講演者は、国の政策とさまざまな特定のデータを通じてこの問題を分析して最後に観点をまとめた。人口減少や少子化の問題については、本講座から話者の視点で知識を獲得し、この問題への理解を深めることができる。
..........................
2.2  『人口減少社会を生きる』の言葉遣いの特徴
『人口減少社会を生きる』講座には、様々な専門用語がある。主に社会学と統計学の専門用語である。また、グラフを見ながらいろいろな数値を分析する場合もあり、この時、数字を正しく通訳しないと講座内容への理解に差し支えがあるかもしれない。また、各領域の学者の名前の他に、いろいろな著作も事前に把握しなければならない。以上は通訳する時の難点である。
その一方、話者は原稿を持っていないので、「あの、その、ですね」などの口癖があるだけではなく、一文を十秒ぐらいかかる場合もある。この十秒の中に有効情報は五秒だけの状況もあり、残りの部分は省略するか或いはそのまま通訳するかの問題に直面する。もし、十秒後で通訳し始めれば遅すぎる。通訳するときは、話しのどこから同時通訳をするか把握しにくい。
さらに、話者は話のスピードが速いし、話者の発音が十分ではないので、初めて聞いてみれば、多分順調に通訳することが難しいと思う。特に専門用語と数字を誤訳する可能性が高い。模擬同時通訳を正式的に話し手の話を完全に聞き取れる練習が必要とする。発音だけではなく、事前に内容を熟知しないと、話し手の意味を理解できないために、訳漏れも発生しやすい。

日本留学生论文怎么写
日本留学生论文怎么写

...............................

第3章  模擬同時通訳のプロセス ....................... 7
3.1  実践前の準備 ................................. 7
3.2  模擬同時通訳の実施 .............................. 7
第4章  模擬同時通訳の問題点 .......................... 10
4.1  長い情報処理時間による誤訳と訳漏れ問題 ................... 10
4.2  中国語の表現に合わない問題 ............................... 11
第5章  模擬同時通訳問題への解決策 ................................ 13
5.1  順送り訳 ................................................. 13
5.1.1  順送り訳による区切り対策 ............................ 13
5.1.2  順送り訳による増補対策 .............................. 15
第 5 章  模擬同時通訳問題への解決策
5.1  順送り訳
順送り訳のメリットは、源語の構造をまとめ、情報処理の負荷を軽減することができ、通訳者が文の構造を再整理するための精力を減らすことができることである。順送り訳は同時通訳に欠かせない原則であり、英漢同時通訳の最大の特徴でもある(張維為,1999)。
楊承淑(2002)は「順送り訳」について次のように評価した。同時通訳で順送り訳を使うのは同時性をよりよく実現することができ、さらには様々な外国語の通訳の実践に広める価値がある。
5.1.1  順送り訳による区切り対策
「区切り」は同時通訳の方策の中で重要な方法の一つであり、分割とも言われている。つまり、聞いた源語の語順に従って、文章をいくつかの意味群や概念単位に切り分けていく。適当な区切りは、短期記憶の負荷を軽減させ、情報をタイムリーに伝達し、次の源言語の聞き取りや理解に支障を生じさせないことで、同時通訳の効果と効率を高めることができる。一回目の模擬同時通訳において、順送り訳の指導もせず、訳漏れや誤訳が発生した。この問題について、具体的な訳例を挙げ、そして分析し、方策を探し解決した。以下の原文の中に、/A、/B はそれぞれに一回目の模擬通訳や二回目の模擬通訳の過程で話し手の話を通訳し始めたところである。有効情報はアンダーラインの形で示された。
原文 5-1:そのために  変えるべきものは何かということを諸学のあの第一人者の方からですね、/A まあそれぞれの分野でえーまあ、問題になってることをあの話いただくというあの形にしたいと思ってます。
訳文 5-A:为此应该改变的东西是什么呢,我想请大家进行相关的讲座。
原文 5-2:そのために/B 変えるべきものは何かということを/B 諸学のあの第一人者の方からですね、/B まあそれぞれの分野でえーまあ、問題になってることを/B あの話いただくというあの形にしたいと思ってます。
...............................
第 6 章  結論
同時通訳の過程には多大な精力負荷を伴い、通訳者は同時通訳の効果を保証するために精力を適切に配置しなければならない。一方、初級通訳者にとっては、ある程度の言語能力を身に付けば、区切りや増補や品詞転換及び合理的省略などの同時通訳のテクニックを適切に使用することで、精力負荷を軽減し、同時通訳作業をより正確かつ効率的に行うことができる。しかし、順送り訳における方策は万能ではなく、合理的に行わなければならない。中国語の表現に合わない順送り訳や核心的な情報の紛失のような省略方策は、通訳の質にマイナスの効果をもたらす。
本報告書では『人口減少社会を生きる』という講座を材料として、模擬同時通訳を行った。順送り訳の原則の下で区切り、増補、品詞転換の方策及び合理的な省略の応用を具体的な訳例と結びつけて分析した。今回の通訳の実践の中で、誤訳と訳漏れの問題を解決するために、筆者は順送り訳における区切りや増補や品詞転換などの方策及び合理的省略を実施した。最後、文を有効情報単位に切り分け、四つの有効情報以内に控えて通訳すれば、誤訳と訳漏れのリスクが少ない、6 個になったら、誤訳と訳漏れのリスクも高くなる。そして、6 個を超える場合には、同時通訳の効果はもう保証することができないことが分かった。同時にいくつかの通訳の経験を蓄積して、次のようにまとめていた。
1.事前准備を整うこと。通訳の事前准備は、通訳の完成度に直接的に影響を与える。十分に準備をするので、通訳者の反応時間と精力負荷が減り、現場での通訳に余裕が生まれる。今回の講座には、講演者が発表をするとき、話題の粗筋が PPT の形で示されるので、事前に原稿を熟知すれば、専門用語の通訳効果を保つことは難しくない。その一方、話者は口癖と発音が十分ではない場合などの状況があるため、通訳の質を保つのが困難になった。そのため、原稿の内容を熟知するだけではなく、話者の発音や話しのスピードに聞き慣れるための練習も必要である。
2.通訳の方策を活用すること。今回の模擬通訳実践で使用した区切り方策、増補方策、品詞転換方策及び合理的省略方策などは、通訳者の言語能力と短期記憶力のレベルが一定の場合には誤訳と訳漏れの問題を解決できる。その一方、順送り訳は万能ではなく、元の言語の特性に応じて、適切な通訳方法を選択し、通訳の完成度を保障するすることが重要である。
参考文献(略)


如果您有论文代写需求,可以通过下面的方式联系我们
点击联系客服
QQ 1429724474 电话 18964107217