《ろう者の祈り 心の声に気づいてほしい》日译汉翻译实践报告

论文价格:150元/篇 论文用途:硕士毕业论文 Master Thesis 编辑:硕博论文网 点击次数:
论文字数:52585 论文编号:sb2022031512145644885 日期:2022-03-20 来源:硕博论文网
本文是一篇日本留学生论文,通过这次翻译实践,我对书的翻译有了更深的认识。我明白了翻译涉及两种语言的转换,用简单的词典查单词,分析句子的成分,翻译成句子并不是那么简单的。另外,有必要学习不同国家的文化差异和语言差异。同时在翻译过程中,通过正确的翻译理论指导,学习翻译的原则和方法。优秀翻译背后的深厚专业技术和文学素养不是一朝一夕的到来,而是需要译者千倍的努力。我深切感受到了翻译这一工作的严峻性。要成为一名合格的翻译,还需要很长的路。

第 1 章 任务描述

1.1 实践内容
本次翻译实践选择了朝日新闻出版社于 2017 年 12 月出版的中岛隆的《ろう者の祈り 心の声に気づいてほしい》。笔者将该书名翻译为《聋者的祈愿 希望你能察觉他们的心声》,笔者将对此进行笔译并撰写翻译实践报告。
作者中岛隆,是日本朝日新闻的编辑委员。具有手语技能鉴定准二级资格。该书的主要内容围绕一个为失聪者提供就业支援的机构“手乐来家”展开,序章介绍了“聋者”与“听者”的定义,并且引出了本文的主人公,一位是“手乐来家”的成员,也是“聋者”臼井千惠女士,另一位是日语教师,手语口译员也是“听者”铃木隆子女士。该书通过描绘两人以及两人之间的联系,目的在于寻求能让“聋者”和“听者”携手共进的社会。此外,作者在附录部分还以图片的形式展示了铃木隆子教授的“迷你手语课程”,读者在闲暇之余可以根据自己的个人情况来试着学习一些简单的手语,不仅可以与失聪者简单的进行交流,而且还可以通过手语拉近与他们之间的关系,从而更好的帮助他们。
本次笔译的内容是此书的全文。此翻译文本属于纪实文学,作者基于现实生活中的真实人物与真实事件,描写失聪者的生活状态和真实处境,最后引发读者共鸣。文中涉及很多有关失聪者、企业名称以及职业名称的名词,且标题类型多样,句子短小,省略成分较多。如何准确传达作品内容,需要译者依靠正确的翻译理论指导,并且综合运用翻译原则和方法来完成此次翻译。
本次翻译实践文本的具体翻译框架如下:
日本留学生论文参考
日本留学生论文参考
.....................

1.2 实践目的和意义
本次翻译实践的目的主要为以下三点:
一、此次翻译实践报告是在纽马克的语义翻译和交际翻译理论指导下完成的,希望通过此次的日译汉翻译实践,理解并掌握纪实文学的语言特点,深入学习纽马克的语义翻译与交际翻译理论,并将其更好的运用到此次的翻译实践当中,丰富自己的翻译理论知识,提高自己的理论应用能力。通过对专业知识的翻译,更好的拓宽翻译知识面,丰富自己的词汇量。
二、希望通过此次的翻译实践,细致学习翻译原则和翻译方法,重点学习及掌握陶振孝教授对加译的分类方法,从而有利于更深刻的理解与认识加译,经过大量的翻译文本,进一步提升翻译水平,积累翻译经验,提升日语和汉语的表达能力,增强翻译实践能力,从而不断优化和完善自己。
三、失聪者群体一直都受到社会各界的广泛关注。此次笔译实践也是希望通过对此书的介绍和分析,从客观的层面去更加深入的了解失聪者群体,不仅了解到他们的难处,更了解他们的心声。中国在这方面也存在着很多问题,比如偏见、歧视等等。所以笔者想借此机会,多多学习借鉴,真正从他们本人的角度了解他们,如何更好地看待他们、用他们希望的方式去关爱他们,是此次笔译实践的初衷。
本次日译汉翻译实践的意义主要为以下两点:
一、有利于译者拓宽相关专业的知识面,提高专业的翻译水平与能力。该文本涉及很多有关失聪者、企业名称、职业名称的名词和相关知识,通过此次日译汉翻译实践不仅可以学习相关领域的单词,同时也可以提高运用翻译理论和翻译方法的能力,更全面的积累经验。
二、该文本描写了在日本失聪者的生活处境,通过翻译该书译者对他们的生活和就业情况有了进一步的了解,对日本的相关的政策和援助机构有了深刻的认识,该文本的翻译,对于中国失聪者以及残疾人的就业与支持也有重要的借鉴作用。
....................

第 2 章 过程描述

2.1 实践前期准备
为了更好地完成此次翻译实践,笔者进行了充分的前期准备,本次翻译实践的翻译文本为中岛隆的著作《ろう者の祈り 心の声に気づいてほしい》,通过阅读和分析,笔者以纽马克的语义翻译与交际翻译理论作为指导理论,运用陶振孝教授对加译的分类方法进行实践。在此次翻译实践前期,笔者做了三个方面的准备工作:学习相关翻译理论、学习翻译原则与翻译方法、熟悉此次实践项目。
一、学习翻译理论。本文属于纪实文学。纽马克将文本类型分为表达型文本、信息型文本和呼唤型文本三种类型,而纪实文学作为文学体裁的一种,则属于表达性文本,需采用语义翻译的方法。笔者通过阅读《西方翻译简史》、《当代西方翻译理论探索》等相关的书籍及文献对纽马克的语义翻译与交际翻译理论进行了深入的学习。纽马克于1981 年出版的《翻译探索》这一书中提出了“语义翻译”与“交际翻译”的概念,这对翻译实践具有重要的指导意义。①“语义翻译”与“交际翻译”是一个整体,他们相辅相成、不能割裂。语义翻译是指在译入语语义和句法结构允许的前提下,尽可能准确地再现原文的意思和语境。交际翻译则是读者阅读译文时产生的效果应尽量与阅读原作产生的效果相同。也就是说,语义翻译更注重源语,试图尽可能准确地在内容及形式上实现再现原文;而交际翻译主要关注读者,更加注重译入语及其受众的感受,力求使译作产生的效果接近原作,使译文不论是在内容还是在形式上都能为读者所接受。这两种翻译策略尽管存在以上的差异,但是二者并不是截然分开的也存在着联系。纽马克认为,“所有的翻译在某种程度上都既是交际翻译也是语义翻译,只是侧重点有所不同。”①在翻译时为了使译文更加准确,在既表达作者中心思想的同时又让读者一目了然,就需要灵活运用语义翻译和交际翻译,而不是拘泥于一种翻译方法。
.........................

2.2 实践的具体时间安排及进程
此次翻译实践报告大致分为四个阶段。
第一阶段:译前准备阶段,2020 年 8 月-9 月。
首先,通读全书。把握著作的语言特点以及文体类型,在了解著作内容与主题思想的同时对书中的专有名词、陌生词汇以及不易理解的语句进行勾画,并借助词典和资料等做上标注。此外,通过阅读书籍、资料等,系统学习纽马克的语义翻译与交际翻译理论,学习陶振孝教授对加译的分类方法。为此次翻译实践打下一个良好的基础。
第二阶段:正式翻译阶段,2020 年 10 月-12 月。
制定合理的翻译计划,并且严格执行。在纽马克的语义翻译与交际翻译理论的指导下,运用陶振孝教授对加译的分类方法进行有计划的进行全文的翻译工作。在出现专有名词或者不理解有困难的语句时,借助文化背景以及文献资料进行合理斟酌,尽量做到译出既贴近原文又符合受众的译文。
第三阶段:校对审议阶段,2020 年 12 月-2021 年 1 月。
这一阶段主要是对第一次的译文进行校对、优化。重点对初次翻译不确定的部分进行反复思考,从而找到最适合的表达方式。最后,检查译文是否有漏翻和错别字的现象。
第四阶段:翻译报告撰写阶段,2021 年 2 月-3 月。
对翻译过程中遇到的重难点问题进行分类汇总,结合翻译理论与翻译原则,分析解决方法,总结归纳出此次翻译实践的翻译经验和心得,积累翻译经验,最终形成实践报告。
....................
 
第 3 章 案例分析........................... 10
3.1 词汇的翻译..................................................10
3.1.1 词汇的直译..........................................10
3.1.2 词汇的意译.......................................14
第 4 章 实践总结..................................... 27
4.1 实践翻译总结..............................................27
4.2 心得体会......................................28

第 3 章 実例の分析

3.1 語彙の翻訳
当該翻訳テキストはノンフィクションの属している。二人の主人公の生涯を描くことで、聴覚障碍者というテーマを引き出した。聴覚障碍者、企業名、職業名などの名詞が多く出てきており、ある名詞は直訳できるが、あるものは特定の文脈において具体的な問題を具体的に分析する必要がある。ここで、筆者はニューマークの「意味的翻訳」と「伝達的翻訳」の指導をもとで、語彙に直訳法と意訳法をしてきた。
3.1.1 語彙の直訳
ニューマークの「意味的翻訳」は翻訳過程において、できるだけソーステキストの文化的特徴を保留し、最大の程度で原文の言語の特色を表現することが要求されている。だから、読者が理解しやすい上に、ソース言語のスタイルをよりよく表現するために、一部の語彙を直訳した。
例1
原文:ろう者;聴者;健聴者
訳文:聋者;听者;健听者
出所:「「ろう者」それは、生まれつき耳が聞こえない方、または、幼いころの病気などで聞こえなくなった方のことです。ろう者同士のコミュニケーションの方法は、手話です。「聴者」それは、聞こえる人たちのことです。「健聴者」という言い方もありますが、「健」という字には、聞こえる人の方が上、という価値観がある気がします。」このセンテンスの意味は「‘聋者’这里是指那些天生耳朵听不见,或者是因为童年生病而失聪的人。聋者之间的交流方式是手语。‘听者’是指能听见的人。虽然也有‘健听者’的说法,但是‘健’这个字,有着能听到的人就高人一等的价值观。」分析:
この三つの語彙を直接直訳するには、三つの原因がある。まず、原文の中で著者がこの三つの語彙を定義して説明していたので、直訳した読者が読める。その次に「失聪者」、「能听到的人」、「听力建全的人」と意訳すれば、訳文をくどいだけでなく、元の作品の言語的特徴も失われる。最後に、「意味的翻訳」の指導の下でこの三つの語彙を直訳し、専門名詞の形で読者の前に現れ、対照を形成し、原文の言語スタイルだけでなく、読者は作品の中心内容をよりよく把握するのにも役立つ。
日本留学生论文怎么写
日本留学生论文怎么写
...............................

第 4 章 実践のまとめ

4.1 実践翻訳のまとめ
本実践報告は、ニューマークの「意味的翻訳」と「伝達的翻訳」を指導として、日本の作家中島隆の著書ノンフィクション『ろう者の祈り 心の声に気づいてほしい』を翻訳テキストとして書かれたものである。語彙の翻訳、見出しの翻訳、センテンスの翻訳の三部分の難点から具体的に分析した。以下は結論である。
一、語彙の翻訳ことである。文章の一つ一つのセンテンスは語彙で構成されている。語彙の翻訳は全文翻訳の基礎であり、翻訳の良し悪しの鍵でもある。だから、語彙を上手に翻訳することはとても重要である。本実践報告では、著者はニューマークの「意味的翻訳」と「伝達的翻訳」を指導し、語彙の直訳と意訳の二つの方法に基づいて分析を行う。これらの専門名詞や名称については、「意味的翻訳」を指導とし、翻訳の際はソース言語の文化を中心に原文の情報を正確に伝達し、直訳法を用いてソース言語文化の独創性を保留する。一部の語彙はよく知っている簡単な語彙であるが、翻訳する時はもっと注意しなければなあない。文脈によって具体的な問題を分析し、「伝達的翻訳」を指導にして、文化の交流をもっと重視して、意訳法を採用して訳文の流暢性を保証する。
二、見出しの翻訳ことである。見出しは文章の冒頭であり、文章の内容の総括と要約であり、文章全体の目にも似ているので、文章の見出しをきちんと翻訳することも重要である。このテキストの見出しは長短まちまちで、種類も多様である。文章の文脈を結び付けることによって、見出しの翻訳に具体的な判例を詳しく分析した。テキストの内容を繰り返し読む上で、異なる翻訳方法を適切に選択して翻訳した。分かりやすい見出しは直訳法を採用して、原文の内容を正確に再現して、原文の言語の特色を保障する。ある見出しは文脈を通じて分析し、文章全体の意味に基づいて、考察、翻訳を行う必要がある。ある見出しの翻訳は文章の成分の欠落と面倒を見て、適切に加訳または減訳する必要がある。つまり、見出しの翻訳は文章に対して深い認識が必要で、校閲を繰り返した後、最終翻訳文を確定する。
参考文献(略)

QQ 1429724474 电话 18964107217